ケアダンスの勧め


 「暦年齢」と「身体機能年齢」は暦年齢を重ねるほど差が出てきます。背筋がピンと延びて動きがキビキビして肌に艶があれば若く見えますし、その逆ならば老けて見えることになります。身体は骨を中心にしてその周りに筋肉がついています。その筋肉は身体の関節を動かします。それが動きです。また筋肉は骨と共に身体を支えます。背筋が丸くなると云うことは筋肉の衰えた証拠です。筋肉を使っていると筋肉を作る物質が筋肉の中へ入っていきさらに筋肉を作ります。逆に筋肉を使わないでいると筋肉は細くなってしまいます。たとえば、一ヶ月み入院して身体を動かさずにいると筋肉が衰えていき身体を支えることができなくなります。ちょっとしたことで転んで骨折します。そして安静状態が必要とするようになり悪環境になります。ヒトには全身で約400の筋肉がありますが日常生活で使う筋肉は約三分の二と云われています。不断使われない筋肉を使って、日常生活にない『動き』をするケアダンス。ケアダンスをたのしく踊り若返りましょう。

74歳、要介護3のK・Kさんは重度の骨粗鬆症、パーキンソン病、脊椎狭窄症にまけずに元気に踊っています。

ケアダンス

 

♪も〜

 

 

たろ

 

さん

     

左足前へ     右足後へ

 

右足前へ 揃える 左足後ろ

 

右足横へ     左足横へ

 

左足横へ 揃える 右足横へ

♪もも

 

たろ

 

 

〜ん

     

右足後へ    左足前へ

 

左足後へ 揃える 右足前へ

 

左足横へ    右足横へ

 

右足横へ 揃える 左足横へ

♪おこ

 

しに

 

つけ

 

た〜

     

左足前へ     右足後へ

 

右足前へ 揃える 左足後ろ

 

右足横へ     左足横へ

 

左足横へ 揃える 右足横へ

きび

 

 

 

     

右足後へ    左足前へ

 

左足後へ 揃える 右足前へ

 

左足横へ    右足横へ

 

右足横へ 揃える 左足横へ

♪ひとつ

 

わた

 

 

     

左足横へ    右足横へ

 

右足横へポイント 左足横へポイント
 (つま先立ちです)

 

右足横へ     左足横へ

 

左足横へ    右足横へ

♪くだ

 

さい

 

 

     

右足横へ     左足横へ

 

左足横へポイント 右足横へポイント
 (つま先立ちです)

 

左足横へ    右足横へ

 

右足横へ     左足横へ

や〜り

 

ましょう

 

やり

 

ましょう

     

左足斜め前へ右足斜め前へ

 

左足戻し揃える右足戻し揃える

 

右足斜め前へ左足斜め前へ

 

左足戻し揃える右足戻し揃える

これから

 

おにの

 

せい

 

ばつに

     

左足斜め前へ右足斜め前へ

 

左足戻し揃える右足戻し揃える

 

右足斜め前へ左足斜め前へ

 

左足戻し揃える右足戻し揃える

♪ついて〜 ゆくなら 

左足斜め前に出し
右手を挙げ右回りターン


右足斜め前に出し
左手を挙げ左回りにターン

♪やりま しょう〜

右足斜め前に出し
左手を挙げ左回りターン


左足斜め前に出し
右手を挙げ右回りターン


もとの姿勢に戻り、
向かい合って両手をつなぐ

 

2番

 い  き  ま  しょう   い き ま しょう
 あな た  に  ついて   ど こ ま でも
 け  らい に  なって   い き ま しょう
 そ  ら  す  すめ    そ ら す すめ
 い  ち  どに せめて   せ め や ぶり
 つ  ぶ  して しまえ   お に が しま


3番

 お  も  し  ろい    お  も し  ろい
 のこ ら  ず  おにを   せ  め つ  ぶし
 ぶん ど  り  ものを   え  ん や  らや
 ばん ば  ん  ざい    ばん ば ん  ざい
 お  と  も  の     いぬ や さる きじは
 いさ んで くる のを    え  ん や  らや


2番、3番も1番と同様又は左右を入れ替えて踊ります

要介護2以上の方は必ず指導員と踊るようにしましょう。
また自分の動ける範囲で、無理をしないようにしましょう。
テンポは相手に合わせて行うようにしましょう。